夏旅行・南伊豆の巻
b0181761_12573687.jpg

ノーフォークといく夏旅行、三日目です。











b0181761_9323410.jpg

伊豆高原・はんなりに泊まった翌朝、サブレとふたり宿を飛び抜けドライブ&散歩
旅に出たらマーキング残さないと!
まず向かったの八幡野港
日の出には間に合わなかったけれど、朝の静かな漁港は磯の香り










b0181761_9324351.jpg

浜は石ころで、ダイビングスポット










b0181761_9325427.jpg

相棒(バディー)はサブレ
浜で夜を明かしたダイビングのお兄ちゃんたちを牽制










b0181761_933318.jpg

続いて向かったのは、I.O.P 伊豆海洋公園










b0181761_9354611.jpg

伊豆高原の富戸はプレステ「ぼくのなつやすみ2 海の冒険編」、略して「ぼくなつ2」の舞台
昭和50年、9歳の少年が夏の一ヶ月をおじ夫婦の民宿に預けられる。民宿夫婦の子供・タケシ&シゲルと一夏の冒険がはじまる。海の上には白い入道雲が浮かんでいた・・・

そして昭和52年、実際の近くの別荘地には、日本発の音楽リゾートスタジオ・KITTY伊豆スタジオが出来、TAKANAKAの名曲「伊豆甘夏納豆売り」が収められたBURAZILIAN SKIESもここで生まれた
この話はマニアックなので暇な方は最後の「おまけ」にたたんでおきますので御覧ください












b0181761_9331123.jpg

朝ごはん前に宿に戻って朝風呂














b0181761_9332235.jpg

部屋や風呂の作りはひと部屋づつ全部違います。
マフレーズが泊まったのは「松風」










b0181761_9333058.jpg

部屋全体は、万平ホテルと同じ、ほのかに落葉松の香りがします










b0181761_9333838.jpg

ベッドルーム













b0181761_9334615.jpg

坪庭からは海が見渡せます











b0181761_9341545.jpg

さて朝食
みんな順番にノエルママさんに並びます









b0181761_934615.jpg

この方たち、毎日会うごとに御覧の通り
ちょっかいを出すサブレと、きゃっきゃと喜ぶノエルちゃん











b0181761_9335696.jpg

さて飼い主も朝食

箱根の凛香もたっぷりのボリュームでしたが、はんなりはさらにゴージャス
金目の干物、美味かったです 散歩してきたので朝からおかわり!

















b0181761_9342556.jpg

今回も、申し合わせていないのにパパ組はギター持参
rosarianさんはMatonのコンパクトギター
私はSHギターのギタレレ
伊豆にアコースティックの音色、似合いますね~♪












b0181761_934345.jpg

さて今日のお出かけ
まずは東伊豆町風力発電所









b0181761_9344397.jpg

風が弱いので数機しか回っていません
その分、ワンも暑いようです
それでも海風は結構あってワンズもモデルとして大変だったようです











b0181761_9345240.jpg

発電機のハネは3枚の直径が45m 柱の長さは37m 出力は一機600kw
風力3mから自動的に風向きを感知して風上に向かって回り始めます
グウンッ グウンッ と大迫力で回っています。ネジがはずれてハネが落ちてこないのかね・・・

遠くに浮かぶ伊豆諸島の島々
左から、大島、利島、三宅島、新島、式根島、神津島。











b0181761_9351099.jpg

高原でも暑いので水場が涼しかろうと、
次は滝に行きました

河津の七滝
こちらでは滝を、水が垂れることから「たる」と呼ぶそうで「かわずななだる」
天城山麓から河津・下田は、伊豆の踊り子の舞台
ということは南伊豆まで来てしまった一行!








b0181761_9351820.jpg

岩清水で利き水する天然水ソムリエ・サブレ








b0181761_9352727.jpg

初景滝に到着すると皆さんリゾートしてました!










b0181761_9353658.jpg

ノーフォーク一行も記念撮影!

このあと、中伊豆を通って西伊豆の沼津に抜けて帰ったので、ほぼ伊豆半島を制覇?

途中、渋滞もありましたが、後になれば全て楽しい旅の思い出。足柄SAで最後の休憩。ピーカンなのに遠雷。規則的に鳴るから、あれ?と考えたら富士総合火力演習の予行でした。
ここでノエル家と解散、三日間ついて行くだけでお気楽な修学旅行気分で楽しませていただいたマフレーズの夏旅行でした。楽しかったな~、どうもありがとうございました!


次回は森から、サラキチさん&伽羅ちゃんとプール遊び・川遊び!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 北佐久郡軽井沢町情報へ








b0181761_11325766.jpg

伊豆高原の別荘地に忽然と佇むKITTY伊豆スタジオ

銀行員・小椋佳や無名の井上揚水を世に放ったポリドールの多賀英典
当時、ジュリーと野口五郎のツートップで安泰のポリドールでしたが、小椋佳と揚水が思いもかけずバカ当たり
褒賞に何が良い?と聞かれて「いつでも自由に使えるスタジオ」と答えて作られた日本発のリゾートスタジオ
宿泊施設あり、天然温泉ありの豪華スタジオ、設計はオランダ人
独立した多賀は、KITTYレコードを立ち上げ、TAKANAKA、RCサクセション、安全地帯・・などの所属ミュージシャンがここから数々の名盤を世に送り出しました。
80年代に入ると、アーティスト憧れのスタジオとして有名になり、サザンオールスターズ、BOOWYなども録音し、ここからベストテンの中継なども行われましたね。

写真に写る人は責任者の大田太一氏。
鈴木chouxさんのお名前も出てきて、
いきなりの訪問にも快く応じて名刺まで・・・ありがとうございました。
内部は録音製作中で撮影NG

代わりに、内部の模様はこんな感じです








b0181761_1133722.jpg

若き日のTAKANAKA
中庭を背にして演奏中
蟹SGのPUは、既にGibsonのゼブラPAFに変えています。
左右のALTECのスピーカーは返しではなく、BOOGIEアンプをステレオで鳴らすためのスタックです









b0181761_11331783.jpg

TAKANAKAの足元
当時はMXRのコンパクトエフェクターをばらしてラックに。それをGoodrichのボリュームペダルを囲むように作ったフットスイッチでコントロール。
Rolandボコーダーやフランジャー、YAMAHAアナログエコー、MAXONデジタルエコーなど空間系エフェクター、PEAVYのパワーアンプやALEMBICのプリアンプもラックに収まっています。
MIDIもデジタル化もままならない当時にあってこのシステム。さぞやノイズや熱に悩まされたでしょうね。
by muffle | 2012-08-27 11:48 | 旅行
<< 伽羅ちゃんお泊り・プール編 夏旅行・伊豆高原の巻 >>